【13日終了】20日でボールペン字の練習して美しい文字になるか?

 

20日でボールペン字の練習して美しい文字になるか?


20日でスピード上達!ボールペン字速効練習帳

どうもコウソツTです。

20日でボールペン字が上手くなるかを検証し始めて
最初の記事を書いたのが約1ヶ月前です。
もう20日過ぎましたね・・・。
1、2日できない時もありましたが20日間は
ちゃんと文字の練習はしていました。
ブログを書くのをサボりました。

1〜6日 今すぐ文字が上手くなる6つの美味しいコツ
7〜9日 あなたの文字がからりと変わる文字美人のルール
10〜13日 押さえておきたい達人メゾット

 

10日目 右払いはメリハリを利かせ使い分ける

①右払いでも「因」のように四角く囲まれた中にあるものや
「姿」のように狭いところにあるものは、止めにすると
引き締まった良い形になります。

②活字の「込」「食」「炎」「検」など右払いが2つありますが
この場合は短い方の右払いは止めにして、右へ払う勢いが
ダブらないようにします

 

11日目 伝統的な書き文字で一歩先をつける

私が勉強しているこの本は糸偏や「木」の部分が違っています。
この違った形は昔から書かれてきた伝統的な美しい形です。
書きやすさや書き文字としての観点から見れば、
伝統的書き文字の方が美しいと言えます。

 

12日目 筆順に従って無理なく自然に美しい文字を書く

適切な筆順とは書くのに能率的で、形が違う筆運びの順序です。
最初から複数の筆順を覚えようとすると混乱しかねないので
まずは1つずつ確実に覚えていきましょう。

 

13日目 数字、ローマ字も「つぶ」を揃えて見栄え良く

①ローマ字のポイントも同様ですが小文字の中には、
上下に出すものもあります。その出す部分も揃えましょう。

②数字は斜めに書いてもまっすぐ書いてもいいですが、
どちらも高さと傾きを揃えましょう。
そうすれば整って読みやすくなります。

漢字やひらがなが混在する場合は数字やローマ字は
やや小さめに書くと良いでしょう。

 

 

おわり

11日目の伝統的な書き文字は私としては、現代の文字に慣れていますので
あまり好きではないかなと思いますのでスルーしました。
見る人によっては漢字を間違えていると思われそうですしね。

私の文字の綺麗さはまだまだだなという感じです。
でもたまにものすごく綺麗に文字を書けることがあり、
その頻度も増えました。
自身の苦手な文字も得意な文字もなんとなく分かってきました。
あとやっぱりまっすぐ線を引くのは難しいですし、
文字を書くときに、綺麗に書こうと意識して書いていますが、
少しでも気をぬくと汚い文字に戻ってしまいます。
もっともっと練習が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です