エントリー恐怖症を克服

 

 

ポジポジ病を克服しましたが
今度はエントリー恐怖症になっていました。

損することが怖くエントリーが出来なくなりました。
いざエントリーしようとなると
「損したらどうしよう」と考えてしまい
ここはまだ様子見たほうがいいかも、
あまりいい感じのポイントではないななどと
適当に理由をつけてエントリーを見送ります。

その後の相場を見ていて
利益になっていたら、やっぱりエントリーしておけば良かった。
自分は間違っていなかったんだと思い、勝った気分になります。
逆に損失になっていたら、エントリーしなくて良かった。
自分は間違っていなかったと思い、いい気分になります。

そしてある時気づきます。
資金が増えても減ってもいないことに・・・。
儲けたくて始めたFXトレード。
見ているだけでは意味がないと。

ですが実際にエントリーしようとすると手が出せません。
損をしたくないという気持ちがすごく強かったです。
生まれも育ちも貧乏でお金の執着は人一倍ですし、
過去の損失のトラウマに囚われてしまっていたと思います。
トラウマになるのは心が弱い奴だけだと思っていましたが
自分がなるとは思っておらず、悔しく恥ずかしかったです。

 

どのように克服したか

克服するためにいろいろ調べ実践しました。

・取引金額を最低まで下げる
運用資金に構わずトレードの取引金額を最低金額まで下げます。
そうすると損失は最小に抑えられダメージも少ないです。

私はこれでもダメでした。当時は絶対に損をしたくないと思っていました。
言い換えると勝率100%を目指していたことになりますね。
そんなことは出来ません。

・理詰めでエントリー
自分のトレードルールに沿って徹底的に
分析します。チャートを見て徹底的に全ての情報を手に入れ、
100%自分のトレードルールに合致していて、
疑い、迷いがないことを確認します。
そうするとエントリーするしかないと思います。

トレードルールが曖昧だったり、分析が不十分だと
後からいろいろ考えると、そこから迷ってしまいます。

・気合と根性
気合と根性、、、これはトレードには使ってはよくないかもしれませんし
私はあまり好きではありませんが、エントリーが怖く躊躇している時に
「やってやらーーー」と心の中で叫び無理やりエントリーしてました。
結構効果ありでした。

・いい意味で適当に
勝っても負けてももういいかという、エイヤ!ってな感じでエントリーします。
負けても〇〇円損するだけ、あと〇〇円残ってると考え
ポジティブにいい意味で適当にエントリーします。
このやり方で克服しました。

 

 

思い返すと懐かしいです。いい思い出はありませんが。
このような悩みは誰もが経験し悩むところです。
なので解決策などネットで調べるとたくさん出てきますが
その解決策が自分に有効かはわかりません。
大事なのは自分で考え経験していくことだと思います。
お互い頑張りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です