【初心者】FX ダウ理論

トレードをする際にまず現在の相場の確認、分析をしますが
その前にFXトレードに限らず全てに共通する大事なものがあります。

「ダウ理論」です。トレードでうまくいっている人は皆知っていると思います。
トレードをする際に必要な事なので是非、覚えてトレードに活かしましょう。


ダウ理論とは?

ダウ理論・・・・チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。

6つの基本法則から成り立つ
・提琴は全ての事象を織り込む
・トレンドは3種類ある
・主要トレンドは3段階からなる
・平均は相互から確認されなければならない
・トレンドは出来高からでも確認されなければならない
・トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

こうやって文章だけで見るとわかりづらいですね。
全てきっちり覚える必要はありません(私が思うには)。
ちなみに私は全てを覚えてはいません。
分析に使うのは3つだけです。

余談ですが、知識はあるに越した事はありませんがあるだけでは意味がありません。
どのようにその知識を使うか。トレードにどのように生かすかが
ここでは大事です。知識がありすぎると迷う原因にもなります。
知識があるということと、稼ぐことができるという事は別のことです。
知識を詰め込んで覚えるだけで、満足しないようにしましょう。

ダウ理論というのはトレードをしている人は皆知っていると書きましたが、
皆が知っているということが重要で皆が知っているという事は
その理論通りに、こういう場合はこうなりやすいという事です。


トレンドは3種類ある
①主要トレンド・・・1年〜数年のトレンドサイクル
②2次トレンド・・・3週間〜3ヶ月のトレンドサイクル
③小トレンド・・・・3週間未満のトレンドサイクル

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、
二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、
小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。
分かりづらいかもしれませんがこういう感じです。
主要トレンドの中に2次トレンドがあって
2次トレンドの中に小トレンドかありますよってことです。

現在の相場が下落していても長期的に見てみると
実は主要トレンドの上昇トレンド途中の調整中だったりします。主要トレンドは3段階からなる
主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしています。
①先行期・・・・市場価格が下落して全ての悪材料は織り込み済みと
判断した少数の投資家が、いわゆる「底値買い」をする時期。
価格は下落しているか底値圏で上下している。②追随期・・・・市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。
価格は上昇局面にある。③利食い期・・・価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた
投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既に
その前から上昇局面にあるものの、その上昇は小さくなっている。
少し噛み砕いて高卒的に説明すると
①先行期では下落の要因になっていた情報が全て出尽くしたと
判断した投資家が買いを入れています。
この期間に買うことはリスクが高く勝率は低いですが
うまく言った際の利益は大きくなります。

②追随期では相場が上昇したと判断し多くの人が
買いを入れ相場について行きます。
上昇のシグナルが出て買いますのでリスクは高くありませんが
利益もそれほど大きくはありません。私は追随期でトレードを
する様にしています。多くの人がこの時期だと思います。

③誰が見ても上昇していて素人や追随期で買いを迷って買い遅れた人たちが
買います。ですが同じ時期に先行期などで利益を出していた人たちが、
利益確定の売りを出して下落しやすくなり、イマイチ上昇せず
下落してこの時期に買った人は損をしやすいです。

 

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する
現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが
現れるまで継続し続けるとする。

上昇(下降)トレンドの定義は高値安値が切り上がっている(下がっている)ことです。
上昇トレンドの安値を下抜けただけだとこの場合は上昇トレンドが
終わっただけです。上昇トレンドの転換シグナルとは安値を下抜けて、
さらに高値安値を切り下げたところが転換シグナルとなります。
これが確認できない限りトレンド継続です。

例えば下降トレンドで安値を上抜けて下降トレンドが一旦終了したとします。
その後に転換シグナルが確認できるまでは、トレンド継続ですので
下降トレンドではないがまだ下方向の売りに優位性があるなという状況です。
私の場合は積極的にトレードはしません。

この様な100年くらい前(多分)の昔からの古い理論が現在の相場でも
活用され生きています。ダウ理論のみではトレードで勝ち続けることは
難しいでしょう。まだまだ必要な知識はあります。
人によって必要なもの大事なものは違います。初めは何が必要で何が大事か
わからないと思いますのでとりあえずインプットし、アウトプットする過程で
必要なもの、大事なものを判断すればいいと思います。知識も道具も使い様です。同じ状況、同じものを使っても、
使う人、使い所によって全く違う結果になります。
レベルアップするためには実践あるのみだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です