水平線の役割と引き方【FXトレード】

FXトレードを勉強していて、「水平線の引き方がイマイチわからない」「ヒゲ?実体?」「そもそもなぜ水平線を引くの?」という方への記事です。

 

 

✔️本記事の内容

 

・水平線の役割【水平線は超重要】
・水平線の引き方
・水平線の強弱

 

実は水平線の引き方は誰でも出来て簡単です。この記事を読み終えるとすぐに引けるようになります。そして水平線を引くことによって今までと見えていたものが変わっているはずです。

 

例えば・・・・

画像のように水平線を引くことによって、価格が動き出す重要なポイントがわかり、価格がどこで切り返すのか大きく伸びていくのか予測しやすくなります。

 

ということは勝ちやすくなりますよね。水平線は単純で簡単ですが効果は絶大でFXトレードには欠かせないんです。

 

水平線の役割

水平線はエントリー、エグジット、ロスカット、レジスタンスライン、サポートライン、トレンド転換などなどたくさんのことに使う事ができます。

 

なぜそんなに使う事ができるのかというと、多くのトレーダーが同じように使っているからですね。←ここは意外と重要です。

 

水平線=抵抗帯

抵抗帯というのは、そこで価格が止められる可能性が高いゾーンです。価格が水平線に来たら、エントリー、エグジット、ロスカットなどいろいろな事が起きていて、水平線では価格が止まりやすいんですね。

 

なので水平線を引いてチャートをよく見てみると、価格は水平線から水平線へと動いているのがわかると思います。水平線が機能している証拠です。

 

ただ水平線で価格が止まらないこともあります。その時は相当勢いが強いか、ボラティリティが低いのでトレードは難しくなり要注意です。

 

 

水平線の引き方

水平線の引き方は本当に簡単で単純です。トレードに全てに関して言えますが、難しく考えてはいけません。シンプルに考え、単純に簡単なことをしていきましょう。

 

難しいことをしていると格好良く見えるかもしれませんが、意味ありません。トレードは稼いてナンボです。

 

目立つ高値、安値に引く

水平線は値動きの山と谷、つまり目立つ高値、安値に引きます。単純にそれだけなんですが、「目立つ」というところがポイントです。

なぜ目立つところかというと「目立つ=多くの人が注目している」からです。詳しくは後ほど説明しますので、とりあえずここでは目立つ高値、安値に水平線を引くということを覚えておいてください。

画像で見ましょう。

画像の赤い四角が目立つ高値安値です。全ての山と谷に水平線を引くと水平線だらけで訳がわからなくなるので、目立つところだけ厳選しましょう。

そして引いた水平線はその後、うまく機能しています。

何処に線を引くのか正解はないので、自分がここだと思うところに線を引きましょう。

 

水平線を引くのはヒゲ?実体?

多くの人が水平線を引くときに迷ってしまうのが、ローソク足のヒゲの先に引くのか実体の終値に引くのかということです。

 

この問題は、どちらでもよくてヒゲに引く人もいれば実体に引く人もいます。僕の場合は、4時間足、1時間足の高値に線を引く場合は、高値の部分を15分足に切り替え、15分足のローソク足の実体に引いています。

 

高値が複数ある場合もありますが、その時は下の画像のようにたくさんのローソク足に触れるところでまとめるのがいいです。

 

値動きがもみ合っている部分も意識される

番外編というかあまり知られていませんが、価格がもみ合っている部分の中央に引いた水平線も意識されやすいです。

  

値動きがもみ合った部分というのは、そこでたくさんの買いと売りがぶつかり合って、拮抗したためにもみ合いになったと推測できます。

 

そのときに上下に動いてまた戻ってくる、とうのは「含み損が0になった」「含み益が0になってしまった」という人たちがいるんですね。ということはそこでトレーダーたちは何かしらのアクションを起こすわけなので、値動きのもみ合った部分というのは意識されるんですね。

 

チャートは人が売り買いして作られるので、動きを予測する事ができます。こういうことを考えながらチャートを見ると面白いですね。

 

水平ラインの強弱

水平線にも強い弱いがあります。強いというのは値動きが止められやすいということ、つまり注目度が高いという事です。

 

上位時間軸の水平線は強い

時間軸が長いチャートの水平ラインは強く意識されやすいです。15分足<1時間足<4時間足の水平線の方が意識されやすく、値動きが止まりやすいです。

 

水平線を引く場合は、上位時間軸から引きましょう。これは絶対です。

 

何度も止められている水平線は強い

同じ水平線で何度も止められているということは多くの人が注目しているということで、今後も止められる可能性が高いです。っていうことを多くのトレーダーも思っているので、そうなります。

注目度が高い水平線だと上の画像のようにレジスタンスラインを抜けて行った後もサポートラインとして機能します。

 

止められれば止められるほど強い水平線になります。そしてその強い水平線が破られた時は、強さに比例して大きく動く可能性が高いです。

 

水平線は完璧ではない

価格は水平線でピッタリに止まるわけでないので、水平線への過信は禁物です。可能性としてこの水平線で価格が止まるかもと考えるべきです。

 

水平線は多くのトレーダーが使っていますが、皆が同じ水平線ではないので、少し抜けて止まったり届かなかったり、もしくは全く機能しなかったりします。

 

水平線はあくまで目安として考え、水平線は線ではなく面(ゾーン)で捉えるのがいいです。

 

まとめ

 

・水平線は多くのトレーダーが使っていて重要
・水平線は上位時間軸から目立つ高値安値に引く
・水平線の強弱も意識する
・水平線の過信は禁物

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です