FX証券会社の選び方【結論:意外にどこでもいいと思う】

トレードを始めるために証券会社に口座を開設したい。ネットで調べてみたけれどたくさん情報がありすぎで何がいいのかわからない・・・。

 

という方に向けて書いていきたいと思います。

 

 ♦ 本記事の内容


・証券会社の選び方のポイント(7つ)
・おすすめはGMOクリック証券

 

 

 

 

証券会社の選び方のポイント

 

 

今ネットでチラッと証券会社をの選び方やおすすめしているサイトを調べてみましたが、あれじゃ悩んでしまいますね。それぞれランキングの順位やオススメの証券会社が違い、良い部分と悪い部分を書いていますが自分にいいのかどうかわかりません。

 

そういうサイトはアフィリエイト報酬目的ですから仕方ありませんね。ただ与えられた情報を並べているだけです。

 

僕は10年の間に複数の証券会社に口座を開設してきたので、複数使った感想をこの記事で書いていきたいと思います。

 

 

信頼できるか

 

1番のポイントは信頼できるかだと思います。大事なお金を預けますからね。重要なのは、金融庁に登録されているかです。これは金融法取引法に登録されているFX会社ということで不正などはできません。あとは誰もが知っているような大手証券会社で古くから続いているのであれば問題ないと思います。僕はそれを基準に色々な証券会社(海外口座も)を使ってきて未だトラブルなしです。

 

『FX、証券会社』で検索してみるとたくさんおすすめの証券会社が出てくると思うので参考にしてみてください。私が口座開設したことあるのは『GMOクリック証券、DMM FX、外為ドットコム、松井証券、楽天FX、XM』ですね。ちなみに僕は約10年GMOクリック証券を使っていますがトラブルは一度もありませんでした。

 

最低取引数量の確認

 

証券会社により最低取引量が違います。ここはしっかりとチェックが必要です。

 

多くの証券会社は最低取引数量は1万通貨です。ですが他にも1000通貨〜1通貨で取引できる証券会社もあります。ここで確認して欲しいのは、この最低取引数量の時に必要なお金はどのくらいかということです。必要証拠金というやつですね。

 

米ドル/円 1ドル=100円の場合

 

10,000通貨  = 40,000円(必要証拠金)
1000通貨     = 4,000円
1通貨   = 4円

 


どの最低取引数量がいいのか、ご自身の資金とご相談ください。個人的には1000、100通貨がおすすめです。勉強のためのトレードだとしてもある程度お金がかかっていないと、真剣味が出ませんし、本当のトレードの怖さも知ることができない為です。

 

取引ツールを調べる

 

ツールとは取引する際に使うもので各社様々あり、チャート、スマホアプリ、PCアプリ、タブレットなどたくさんありますが、中でもチャートは重要です。チャートが使いづらければ思うように分析できません。分析ができないとなると当然ですが勝てません。

 

僕がツール使った感想は証券会社のチャートはどこも使いづらいと感じました。なので僕はMT4というチャートを使っています。MT4はFXトレーダーはたくさんの人が使っていて有名ですね。ロシアの会社が作ったチャートらしいですが日本の証券会社が取り扱っているところもありますので使いたい人は是非。チャートだけ使いたいために口座開設するのもありですよ。

 

その他のツールや実際に取引する画面などは慣れれば問題ないと思いますのでチャート以外は、あまり気にしなくてもいいかなと思います。

 

通貨ペアの数

 

通貨ペアとは『米ドル/円、ユーロ/ドル、ポンド/円・・・』のことです。通貨ペア1つに1つのチャートがありトレードできます。たくさんあればあるほどチャンスが増えるということです。ですがたくさん見れば見るほど意識が分散されるので、トレードするなら最初のうちは1つか2つに絞った方がいいです。

 

さらにいうとメジャー通貨と言われる「米ドル、ユーロ、円、オージードル、ポンド」のどれかの通貨ペアがいいです。たくさん情報がありますし値動きが安定しています。その他の通貨ペアはよくわからないので触らない方がいいかと思います。

 

メジャー通貨であればどこの証券会社も取り扱っているので気にしなくていいですが、メジャー通貨のことは覚えておいた方がいいです。

 

スプレッドの比較

 

スプレッドとは買値(Ask)と売値(Bid)の差額です。これは手数料みたいなもので狭ければ狭いほどいいです。ただ今はどこの証券会社もスプレッドは狭くなっていてあまり差はありませんが一応、他の証券会社と比べてみてください。調べるとスプレッド一覧表が出てきます。

 

デイトレードの僕はあまり気にしていません。

 

キャンペーンを利用

 

キャンペーンは実際の取引には関係ないのでキャンペーンを決め手にするのは間違いです。口座開設しようと思った証券会社のキャンペーンをご確認ください。 

 

キャンペーンはほとんどの証券会社が行っていて、内容は各証券会社のサイトに書いています。貰うには条件を満たさなければいけませんので、口座開設の際は確認しましょう。

 

デモトレードで確認

 

ほとんどの証券会社にはデモトレードというのがあり、メールアドレスを登録するだけで仮想のお金を使い、実践と同じような取引ができます(ツールの使用制限あり)ので、そこで使い勝手を確認してみるのもアリです。

 

 

 

おすすめはGMOクリック証券

 

僕は約10年間GMOクリック証券を使っています。ここはFX年間取引高が7年連続世界1位で、信用できて安心です。僕は10年間使っていますがトラブルなしで不満もありません。さらにFXだけでなく様々な金融商品を取り扱っていますのでチャンスが広がり口座の管理が簡単です。

 

 

 

以前は悪徳業者が存在しましたが、今は法律が厳しくなり淘汰され、さらにトレーダーのお金は証券会社に入金しても『信託保全』というもので守られていますので、損しない限りお金は無くならないので安心していいです。口座開設も簡単でサイトに従ってやれば、すぐに終わります。

 

ここまで書きましたが、正直にいうと不便な証券会社はなく、どこも大差ないかなと思ったりします。なのであまり細かいことは気にしなくてもいいと思います。口座開設はスタートラインに立っただけで、トレードを始めてからが大変です。最初のうちは中々うまくいかないことが多いと思いますが、大事なのは諦めないことなので、覚悟を決めて頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です