【初心者】投資とトレードの違い

投資とトレード、この2つは同じようで違います。投資とトレードでは、やることも見るものも違うのです。これからトレードを始めようという方は、その違いを知り、ご自身がやるべきことがはっきりすると遠回りをすることなく成長できると思います。

 

投資とトレードの違い

 投資

・企業の価値に注目する(ファンダメンタル)
・投資期間は長期(数年単位)
・多額の資金が必要
・企業の分析、経済状況など知識が必要
・ローリスクローリターン
・パソコンの前に張り付かなくてもいい

 トレード

・価格の動きに注目(テクニカル)
・投資期間は短期、中期(数秒〜数週間まで)
・少額でも出来る
・値動きをチャートで分析する。(ファンダメンタルは気にしない)
・ハイリスクハイリターン
・パソコン(チャート)は良くみる
・資金の回転が早い

簡単にまとめると上記の様な感じです。

投資は株式だけではありません。土地やマンションなど様々です。会社の経営状況や投資対象の事、その周りの状況など調べるため専門的な知識が必要で全くの素人だと、最初は難しいと思います。資産運用、優待目的、配当金など。

トレードは少額からでも始めることが出来ます。チャート分析の方法は本やネットでの情報も多く
専門的な知識も投資ほど必要とせず、とっかかりやすいと思います。ですが短期の動きは読みづらく稼ぐことは投資よりも
難しいとされています。

【FXテクニカル】ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析とは

 

投資向きはこんな人

・持っている資金が多い
・あまり時間に余裕がない
・企業分析、財務分析などが好き
・長い目で見ることができる

トレード向きはこんな人

・持っている資金が少ない
・時間に余裕がある
・早く結果を出したい
・ゲーム感覚でできる

 

まとめ

初心者であれば違いがよくわからないかもしれませんね。簡単にいうと長期か短期かの違いです。

「別にどうでもいいかな」と思う人もいるかもしれませんが、自分の状況によって出来ることが違いますし、目的を持って投資やトレードをやるべきだと思います。

あまり資金がなくて時間はあるのに投資をした場合、結果が出るのは数ヶ月〜数年先です。
しかも資金が少ないために利益は微々たるものです。その代わり損失も少ないです。かなり時間の無駄で勿体無いですよね。

まず考えましょう。あなたはなぜ投資やトレードをするのでしょうか。

お金持ちになりたいから?

お金を眠らせておくのが勿体ないから?

興味があったからなんとなく?

理由は人それぞれです。はじめに目的を明確にしておき、そのための手段を真剣に学びましょう。そうすることで遠回り、無駄なく勉強できると思います。

ただし本気で成功させようと取り組まなければ行けません。初めは負けます。絶対に。誰しもが通る道です。失敗して学びます。本気で取り組んでいないと負けを繰り返しながら知識を蓄え成長している時に心が折れてやめてしまいます。
それだとお金を取られて終わるだけです。

勉強→実践→失敗→理解の繰り返しです。何事も失敗を積み重ねて成功に届いていくのだと思います。

努力、勉強せずうまくいくことなんて、そうそうありませんよね。特に投資やトレードなど初めての人には敷居が高く見えてしまう思います。どんな人でも初めはゼロからのスタートです。諦めず努力した人が成功できます。

お互いがんばりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です