シンプルで使いやすい家計簿アプリ

私は家計簿をつけていますが、始めて2年経ちました。

きっかけは自分の毎月の食費を知りたかったからです。
節約、支出を減らそうと始めたわけではありませんでしたが、
結果は支出が減りました。

 

 

それまでは食費が¥50,000でしたが現在は¥20,000になりました。
¥−30,000になって自分でもびっくりしました。

何が変わったのかと思い返してみると、
今までスーパーなどに買い物に行くと何となく食べたいものを
買って食べていました。お惣菜など。

でも家計簿をつけ始めて毎日の食費を知っているので
今日は昨日より多い、少ないと気にするようになりました。
スーパーのチラシを見るようになり、いつもと違うスーパーに
足を運んでみたり、値引き商品で腹を満たしたり・・・・。

そして時間があれば自炊をするようになりました。
料理が余れば、タッパーにいれ翌日食べ、
たまに弁当を作って仕事にも行きました。
(面倒くさいのでもうやめました)

このような感じで食費が減ってゆきました。
改めて家計簿をつけ始めてよかったと思います。

 

でも家計簿をつけるのは面倒です。
なかなか続かないという人が多いいのではないでしょうか。
私も途中何度もサボりました。がそれでもいいんだと思います。

家計簿をつける上で一番大事なことは続けることです。

じゃあ続けるためにはどうするかというと私が思うには
「適当にやる」ということです。

私が家計簿をつけ始めたときは
きっちりやろう!と意気込みノートを買って
ここにこれを書いて、レシート貼って
前日、前月の比較は・・・・・
みたいな感じでやり始めてすぐやめました。

時間かかって面倒くさいからです。
なので色々省いて省いて5回くらいやり方が変わって
手書きから現在アプリで管理しています。
所要時間は1分かかりません。

目的は食費を知ることでしたので食費がわかれば
いいかなと思いました。商品名など書かず
金額のみ集計しています。
こんな感じで何とか続いています。

適当というか楽にやろうという感じですかね。
そうすると苦になりませんし家計簿を見るのが楽しいです。

さらに食費以外も無駄使いをすることもなくなりました。
かなり節約するようになり逆にお金を使えなくなりましたけど。
(10年くらい前は¥70,000の洋服なんか買っていました)

 

これからも家計簿は続けたいと思います。
絶対に家計簿はつけたほうがいいですよ。
メリットしかありません。
既婚者で家計を相手に任せている方々も気にすることを
オススメします。

私が使っている家計簿アプリ
「家計簿 簡単お小遣い帳 – 人気の家計簿アプリ」です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です