瞑想のやり方、効果

スピリチュアルな世界へようこそ・・・・
なんちゃって、コウソツTです。

瞑想って最近流行ってますよね。
たぶん・・・おそらく・・・

スピリチュアルではありませんがそれに近い
イメージを連想してしまうかもしれませんね。
そういうのもありますが私がやっているのは
もっと気軽に楽にやってスッキリします。

 

瞑想とは

心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、
心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いを
めぐらすことである。
単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、
絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、
広い範囲に用いられる。

wikipedia参照

堅苦しい文章ですね。

瞑想にも色々種類があるようですが
私は「集中瞑想」というのを行なっています。

脳は寝ている時以外は常に働いています。
そんな頑張り屋さんの脳を少し休ませて
スッキリしようということです。

瞑想については研究もされており、
瞑想をしているチベット僧の脳を調べたりして
瞑想の効果の科学的根拠も証明されています。

この瞑想はアップルの創業者スティーブ・ジョブスや
googleの会社でも行なっているようです。

 

やり方

自分の呼吸、自分の体の一部などに注意を向けます。
一番やりやすいのは呼吸に注意を向けること。

①リラックスして姿勢をととのえます。
 胡座でも正座でも椅子に座ってもOK。

②呼吸だけに意識を向けてゆっくりと
 息を吐いたり吸ったりを繰り返します。

③しばらくすると無意識に頭で何か考え事を始めたりして
 注意が散漫になってきます。
 このとき「まずい!意識が散漫になってダメだ」と否定せず、
 「ああ意識が散漫になったな」とその状況を受け入れた後、
 またゆっくりと再び呼吸に意識を戻し、この繰り返しです。

 

呼吸に集中するだけでなく音に集中するのもアリだと思います。
私の家は騒音がひどいのでなかなか集中できず
youtubeで瞑想の音楽をイヤホンで聞きながらやっています。

初めは難しいです。いつの間にか呼吸への注意が散漫になっており
全然継続できません。
気にしたことありませんでしたが
常に何か考えており脳は働き続けているようです。
発見でした。

 

時間

瞑想時間は20分経つとセロトニンの分泌などによりさらなる
リラックス効果があります。さらに30分以上の瞑想には
脳のネットワークの改善が顕著に見られるそうです。

ですが毎回20分は忙しくてできない人もいるでしょうし
何よりも20分はとても長く、実際にやってみると難しいです。

継続することが大事ですので慣れるまでは
まずは1分その次は3分など徐々に伸ばしていけば良いと思います。
時間は短くてもやらないよりは良いでしょう。

 

効果

・集中力が上がる

 瞑想を行なっているチベット仏教の修行者の脳波を解析したところ、
 ガンマ波と呼ばれる認知活動に関わる脳波の活動量が瞑想修行に
 費やした時間の長さに比例して増加していることがわかりました。
 これは集中力の増加に関係していると考えられています。

・自律神経の乱れを整える

 自律神経には交感神経と副交感神経があり、一方の働きが優位なときは、
 もう一方の働きは抑えられています。緊張しているときは交感神経が
 優位になっており、逆にリラックスしているときは副交感神経が
 優位になっています。


・記憶力向上

 近年の脳科学研究で瞑想を長年行った人は、
 脳の記憶をつかさどる海馬の体積が5%も増え、
 記憶力がアップしていることが分かりました。
 さらに脳の中が整理整頓されるので、欲しい情報が
 すぐに取り出せる状態になります。

・アンチエイジング
 アンチエイジングの第一人者である
 ビンセント・ジャンパパ博士の研究によれば、
 瞑想によって老化を進める『コルチゾール』という
 ストレスホルモンが低下するという結果が出たそうです。

 また瞑想には、若返りホルモンの「DHEA」や
 睡眠ホルモンの「メラトニン」を分泌する効果もあります。
 さらに細胞の老化を防ぐ長寿細胞の「テロメア」を伸ばす
 「テロメラーゼ酵素」も瞑想によって活発になるといわれています。

 

 

瞑想にはストレス軽減のほか、痛みの緩和や、うつ病の再発率
を下げる効果などがあると言われています。この現象についても
脳科学の知見から説明することができます。
うつ病の治療の一つに刺激を直接的に脳に与える治療法が
最近開発されています。

瞑想はこういった最新の治療法と表裏一体的で、言ってみれば
自分自身の力で脳を刺激し、ゆっくりと脳を変化させていく作業だと
言えます。われわれの脳には変わる力があり、瞑想はそれを
無理のない方法で促すのです。

瞑想はアメリカでは精神医学の分野でも注目されており、
投薬では改善しきれなかった患者の治療に瞑想が導入されるケースも
増えています。また少年院や刑務所では、懲罰に代えて瞑想を取り入れ、
問題行動の抑制に効果をあげているようです。

 

最後

瞑想はお金も掛からず簡単ですが効果は絶大ですね。
しかも効果は科学的にも証明されています。

疲れている人、悩みがある人は、瞑想をしてみると
良い方向に進めることでしょう。

大事なのは継続です。
瞑想を習慣化しましょう!
心身のバランスが整い毎日元気にすごぜるように
なると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です