逆張りとは?

逆張りについて解説します。

 

この記事でわかること
・レンジ相場でのトレード方法
・トレードのタイミング

 

 

 本記事の内容

・逆張りとは?
・トレードのタイミング

・レンジ相場の注意点2つ

 

 逆張りとは?

 

逆張りとはレンジ相場で有効なトレード方法で、相場の流れに逆うトレード方法です。

 

 

相場は多くのトレーダーの売買によって作られてます。

なのでレンジ相場だとレンジの上限で売り、下限で買うというトレーダーの売買で形成されているわけです。

 

トレンド相場では、順張りが基本戦略ですね。

・上昇トレンドでは買い(L)
・下降トレンドでは売り(S)

だけどレンジ相場の内側では、上昇トレンドであってもレンジ上限に到達すれば売りを考え、下降トレンドであってもレンジ下限まで到達すれば買いを考えます。

これは流れに逆らったトレードになって、つまりは逆張りトレードです。

レンジ相場は上限で売り、下限で買いの売買で形成されているので、そういうトレードをするべきなのです。

 

 

 

 トレードのタイミング

単純にレンジ相場のレジスタンスライン(レンジ上限)、サポートライン(レンジ下限)に到達だけでエントリーするわけではありませんが、イメージはこんな感じだと思ってください。

実際にエントリーするとなると、他にも知識が必要となるので解説しませんが、トレードのタイミングはレンジ相場のレジスタンスライン、サポートラインにタッチしてからです。

 

逆張りは流れに逆うので勝率は低いですが、勝った時の利益は大きくハイリスクハイリターンになります。

難易度が高そうに思うかもしれませんが、正しくやれば意外と難しくないです。かといって簡単でもないです。

 

 

Point

逆張りは、レンジ相場で有効でレジスタンスラインで売り(S)、サポートラインで買い(L)が基本戦略

 

 逆張りトレードのポイント2つ

 

逆張りトレードのコツみたいなものを2つ紹介します。

 きれいなレンジを選ぶ

 

きれいなレンジを選ぶとは、トレードポイントがわかりやすいポイントです。

つまり・・・

高値安値がきれいに揃っている
同じラインで何度も反発している

↑が確認できると勝率は上がります。

 

 

相場はトレーダー達の売買で形成されると伝えましたが、トレーダー達がここで値動きが反発すると思えばそうなりやすいです。

 

どういうことかというと、

・目立つ高値安値
・キリのいい00ライン
・何度も値動きを弾いているライン

など注目されるポイントのことですね。

そういうポイントは注目度が高いので、そこで売買が集中し値動きが反発しやすくなったり、何かしら大きな動きがあります。

 

 引きつける

 

逆張りトレードでは、値動きをできるだけラインまで引きつけることが重要になります。

そうしなければ、リスク管理が難しくなったりダマシに合いやすくなる為です。

 

レンジ相場でのレジスタンスライン、サポートラインはきれいに揃うことは少ないので、抵抗線をゾーンで見ていて曖昧な部分があります。

 

なので抵抗ゾーンまで値動きがくれば、短期の時間軸で最低でも値動きを2回は止められることを確認しましょう。

これはしっかりと値動きが止められた事を確認する為です。

 

 

 まとめ

 

この記事でわかったこと
・レンジ相場でのトレード方法
 ↪︎逆張りトレード

・トレードのタイミング
 ↪︎レンジ相場のレジスタンスラインで売り(S)
、サポートラインで買い(L)

 

相場ではレンジ相場は7割といわれていて、トレードチャンスが多そうに思うかもしれませんね。

ですがきれいなレンジなどは滅多になくて、正直トレードしにくいなと感じることばかりです。

 

その時にトレードしやすい相場がくるまで待てるか待てないかが勝ち組か負け組かの違いです。

初心者はなんとかしてトレードして利益を出そうとしますがそれはやってはいけません。

稼げるか稼がないかは相場次第です。

自分では相場をどうすることもできなくて、やることはチャンスを逃さないように待つことです。これ結構大事です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました