マルチタイムフレーム分析 【FXトレード】

マルチタイムフレーム分析で相場の方向がわかる

複数の時間足チャートで相場の方向を確認する事です。複数の時間足で確認するので相場の方向の根拠が強くなり、トレードへの信頼性が増します。

マルチタイムフレーム分析をすることによってトレードで勝ちやすくなります。例えば分析によって相場が下方向に進んでいる事が確認できた場合に、下方向へエントリーのタイミングを少々間違えたとしても、最終的には下方向に進んでいくので勝ちやすくなるということになります。

なぜ複数の時間足を見るのか?

勝てていない人は短期足ばかり見ていて、長期足のチャートを気にしていない傾向にあります。それはとても危険な行為なのです。

上の画像は4時間足の上昇トレンドです。その途中の黄色い四角の中を見て見ましょう。

上の画像は5分足です。5分足の相場は下降トレンドです。

ですが4時間足が上昇トレンドということは、それより短い時間足のチャートは上昇になる可能性が高いということです。なぜなら短期足は長期足の一部で、長期足に飲み込まれるからです。

この状況で5分足だけを見て下方向にトレードしていると、勝つのは難しくなります。逆に4時間足を確認していて、上昇に転じるタイミングを待ってトレードすると勝ちやすいです。

なのでマルチタイムフレーム分析はとても大事なのです。

どの時間足を使うか?

スイングトレード ・・・週足、日足、4時間足
デイトレード ・・・・・日足、4時間足、1時間足
スキャルピング ・・・・4時間足、1時間足、15分足

上記の時間足は分析する時間足チャートですので、エントリータイミングをみる執行足チャートとは違います。

執行足チャート

執行足とは、エントリータイミングを図る時間足チャートのことです。

スイングトレード ・・・1時間足
デイトレード ・・・・・15分足
スキャルピング ・・・・5分足

上記は目安です。相場の状況に応じて執行足は変わっていきます。例えばボラティリティが無い時は短い時間足でトレードしたり、普段の執行足のチャートがグチャグチャでわかりにくい場合は、なるべく綺麗なチャート(値動きが綺麗でわかりやすい)を選んでトレードしたりします。

マルチタイムフレーム分析の方法

スイングトレードもデイトレードもやることは一緒なので、デイトレードを例に分析方法を解説していきます。

①日足でダウ理論を使いトレンド確認、直近の高値安値に水平ラインを引く
②4時間足でトレンド確認、直近の高値安値に水平ラインを引く
③1時間足でトレンド確認、直近の高値安値に水平ラインを引く
④執行足にてエントリーチャンスを待つ

長期の時間足から短期の時間足へと確認していきます。

ダウ

トレンド確認

ダウ理論でトレンドを確認するのは方向を確認する為です。上昇トレンド下降トレンドトレンドレスです。

理想は全ての時間足が同じ方向を向いていることです。そうすればその方向にトレードしていけばかなり勝ちやすいです。ですがそのようなボーナス相場は中々なく、各時間足の方向はバラバラの場合が多いです。

相場の方向がバラバラの場合は各時間足のトレンド方向を確認し、多数決で決めましょう。

例えば・・・

日足が上昇トレンド
4時間足が上昇トレンド
1時間足が下降トレンド

上記のような場合は上昇トレンドが2つ下降トレンドが1つ、なので相場の方向は上昇と判断します。

日足がトレンドレス
4時間足が上昇トレンド
1時間足が下降トレンド

上記の場合は各トレンドが1つなので相場の方向は不明でトレードは見送りとします。

日足が上昇トレンド
4時間足がトレンドレス
1時間足がトレンドレス

上記のような場合はトレンドレスが2つ、上昇トレンドが1つで相場の方向はトレンドレスで不明となりますのでトレードは見送りとなります。

このような感じで各時間足チャートの方向を確認し、どの方向にトレードすればいいのかを確認します。

水平ラインを引く

各時間足で水平ラインを引くのは近くに抵抗線があるか確認をする為です。抵抗線があるということはそこで止められる可能性があるということです。

例え相場の方向が合っていたとしても、目の前に抵抗線があれば思った方向に進まない事があります。なので直近だけでいいので各時間帯の目立つ高値安値に水平ラインを引き抵抗線を確認しましょう。

目の前に抵抗線があれば方向性が決まっていたとしても、抵抗線を抜けていくまでトレードは一旦待ちになります。

 

まとめ

・マルチタイムフレーム分析は長期足から短期足へ
・トレンドの方向は多数決
・値動きの直近に抵抗線がないか確認

 

ここ意識して欲しいことは客観的に相場を見るということです。自分の考え、思惑、希望などなど入れてはいけません。

チャートを見て現在どうなっているのかを見て事実だけを受け入れ、
トレードに活かしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です