押し目買い、戻り売り(リトレースメント) FXテクニカル

「押し目が取れれば一人前」「押し目待ちには押し目なし」

この様な言葉を聞いたことがありますでしょうか。

相場の格言?みたいなもので誰が言ったかわかりませんが、
おそらく有名な言葉だと思います。

 

押し目買い、戻り売りとは?

押し目買いとは高値を抜けて(高値ブレイクアウト)価格が下落して再上昇を
始めた部分をいいます。戻り売りは逆です。

青の四角の部分ですね。
私はこの押し目買いの部分を狙ってトレードしています。
勝率が高いからです。

ピンク色の水平ライン上抜ける前に2回止められています。
3回目はまた止められるのではないかと思い売る人がいます。
ですが上抜けてしまい売った人は損をしてしまいます。
水平ラインを上抜けて買った人たちは利益が出ていて利益を確定するため
売ります。そうすると価格が下落します。
価格が落ちてくると売って損をしていて人たちの損が小さくなり
損を確定させるため買います。そして価格は上昇する・・・・。
という様なことがあってこの様な動きになっています。(一例です)

簡単にいうと買いと売りの攻防です。
強い方についていきましょう。ついていく際は一度、価格が戻ってきてからです。

 

「押し目が取れれば一人前」というのは

押し目買い、戻り売りを狙ってトレードするというのは簡単でわかりやすく基本的なことです。
多くの人が狙ってトレードしています。
なのでこの基本的なことが出来たら一人前ということではないでしょうか?

勝ち続けているトレーダーも押し目戻りの部分でしかトレードしないという人もいます。
それほど有効です。

 

「押し目待ちに押し目なし」

押し目買い、戻り売りは必ずあるものではありません。
相場の勢いが強ければ戻ってこない場合もあります。

また高値安値を抜けてブレイクしたけれど戻りが強く
そのまま逆方向に行く場合もあります。

高値安値をブレイクして一度戻ってきて再度ブレイクした方向ん進んで
また戻ってきて・・・

 

この様に押し目戻りのパターンは様々ありまして、押し目戻りは
必ずあるものではないということを念頭に置いておきましょう。

 

以上です。

トレードではいろいろな種類のパターンがありますが、パターンを信じすぎるのは
危険かもしれません。パターンはあくまで可能性が高いということにしておきましょう。
大事なのは現在の値動きです。パターンにこだわりすぎると見るべきものが
見えなくなってしまっていたりします。

タイミングは難しいです。ある程度「エイヤ!」ってな感じでやる
大胆さも必要かと思っています。

同じ相場というものは2度とありません。市場に入ってくるお金やそのタイミングなど
絶対に同じにならないからです。
何事も柔軟に対応しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です