副業歴 せどりで稼ぐ 商材で勉強し仕入れで苦戦して・・・

お金お金と探し続け、空いた時間に何か出来る事は無いかと
探している時に、ネットで「せどり」というのを見つけました。

当時はできることはなんでもやろうと思っていたので
即決でやることにしました。
(この時、本来の目的とズレているのですが)

ネットで調べると簡単に稼げている人がたくさんいます。
いつもそうですが、それを見て自分もできると根拠ない自信が
みなぎっていました。

ちなみにこの記事は失敗談です。

 

せどりとは?

転売ですね。
商品を安く仕入れ、amazon、ヤフオク、メルカリなどで
高く売ります。

せどりにも色々あります。
実店舗で仕入れるせどり、ネットで仕入れる電脳せどり、
海外から仕入れるせどり、また電化製品や本、おもちゃなど
ジャンルも色々あります。

 

メリット

簡単、誰でもできる

仕組みはすぐ理解できます。
安く仕入れて、その金額より高く売るだけです。
その差額分からさらにコスト(交通費、包装代など)を
引いた金額が利益です。

ポイントが貯まる

仕入れの際に会社や店舗によりますが
人に売る商品を買った際にポイントが貯まり
それが自分のものになります。

 

デメリット

資金が要る

まず商品を仕入れなければいけませんので、
商品を買う資金が必要です。

扱うジャンルによって掛かる金額は違いますが、
多ければ多いほどリターンも大きいです。

クレジットカードを使うという手もありますが
リスクが大きいです。
せどりは資金の回転が早いですが売れない場合もありますので
余裕のある人や慣れている人向けですかね。

売れない場合も

仕入れ前に売れる商品かどうか調べますが、
仕入れた商品が売れないこともあります。
その場合は全額損になり、家のスペースを取られます。

時間を取られる

実店舗に仕入れに行くとかなり時間がかかりますし、
そういう人は車がないと難しいでしょう。
ネットで仕入れをすれば時間は掛かりません。

せどりは仕入れだけでなく、発送作業もあります。
商品の数が多い人は大変でしょう。

ですが人を雇ったりamazonのFBAという
包装や発送を代行してくれるサービスを使えば解決できます。
当然お金がかかりますので、うまく軌道に乗った場合でしょう。

 

商材を買って勉強

私は3万円くらいの商材をせどりのブログで2つ買いました。

内容は同じ様なものです。
PDFが送られてきて、それを実践するというだけです。

バーコードリーダを買った

商材ではバーコードリーダを買うべきと書いてありましたので
購入しました。


超小型・軽量 ワイヤレスデータコレクタ KDC200iM (MFi取得モデル/Bluetooth) 照合アプリ付き

当時は¥37,800でした。
ガラス越しでもバーコードを読み取れます。

バーコードを読みより携帯のアプリにそのまま商品の
情報(amazonでの販売価格)が表示されます。

 

実店舗せどりの流れ

実店舗に行き商品を片っ端からバーコードリーダで読み取ります。
ある程度データが溜まったところで、amazonでの売り上げランキングと
販売価格を確認します。

商材にはジャンル別にランキング何位までの商品なら
仕入れ対象だと細かく買いてあるので、
その商品がランキング内に入っており、販売価格より
安く買えるかどうかで決定します。

仕入れた商品を持ち帰って商品の写真を撮り、
説明文を書き、包装し、出品して売れるのを待ちます。

簡単に書きましたがこんな感じです。
実店舗仕入れの最初は人の目が気になり
かなり恥ずかしいです。

 

実践!

初日

初日は繁華街の大きな建物に入っているお店に入り
ジャンル関係なくスキャンしまくりました。

複数の建物の全階のお店に行きました。

特に家電、おもちゃ、DVD、ゲームが多かったと思います。
安売りなどしていて、期待していましたが
半日使い成果はゼロでした。

この日ですでに心は折れかけています。

2日目

大型のBook offに行きました。

ここではすでに一人が雑誌をスキャンしていました。
お店の張り紙に転売禁止みたいなことを書いてありましたが、
バレない様にこっそりとバーコードをスキャンしました。

ここでも成果はゼロでした。

辞めることを決めました。

 

終えてみて

たった2日実践して辞めました。

今思うと早すぎたと思います。
初めからうまく行く人はいませんので
もう少し辛抱してやるべきだったかなと思います。
勉強代も無駄になりました。

時間を取られるのが嫌でした。
1日使ってしまいますし、車がないので尚更時間がかかります。
ネットで仕入れればよかったのですが、いまいち信用ができなく
不安でしたのでやっていません。

この時から目標はFXで稼げる様になることでしたので
時間が取られるのは嫌でした。
そんなこと最初に分かりそうなものですが高卒なもんで。

小型のバーコードリーダはamazonで売りました。
すぐに¥15,000くらいで売れました。
嬉しい様な悲しい様な・・・。


超小型・軽量 ワイヤレスデータコレクタ KDC200iM (MFi取得モデル/Bluetooth) 照合アプリ付き

 

何事もやるからには本気で取り組まなければいけませんね。
そうすれば失敗しても何か得るものがあると思います。
そうすれば失敗も悪いものではなくなります。

ということをだいぶ時間が経ってから学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です