トレードで勝てるようになる為に絶対に必要なもの【初心者】

 トレードは証券会社の口座とパソコンとお金があればトレードする事ができます。初心者さんは特にトレードで稼ぐぞ!と意気込んですぐにでもトレードしたいですよね。でもその前に確認して欲しい事があります。

 

トレードに使うお金は余裕資金でしょうか?

 

そうでなければトレードしてはいけません。その理由をお話しします。

 

 

 

僕は初めたての頃のトレードは、2年半かかって貯めた30万円でスタートし、6ヵ月も経たずに倍以上の60万円以上が消えて無くなりました。当時の給料の手取りが13万円だったので地獄でした。そんなことがあっても、余裕資金のおかげで今も生きています。

 

 

 

本記事の内容

 

・絶対に余裕資金でないといけない理由
・トレードはノートパソコン一台で十分
・デモトレードで勉強

 

 

 

余裕資金でなければいけない理由

 

それはなぜかというと長くトレードを続けるためです。

 

トレードで上達するためには、失敗を積み重ねる事です。勉強して→失敗して→また勉強してなるほどそういう事だったのか!と理解できます。これを繰り返し、積み重ねて成功に届くんだと思います。

 

なのでトレードを長く続ける必要があります。余裕資金でなく、生活費や貯金を使っていて無くなってしまうと生活ができなくなります。トレードどころではありませんよね。さらに生活が出来なくなるプレッシャーもあって、まともにトレードできずいい結果にはなりません。

 

余裕資金であれば、たとえ無くなったとしても生活はできますよね。生活ができればまたお金を貯めてトレードができます。

 

初めからトレードで稼げると思わない方がいいです。長い目でみましょう。

 

 

余裕資金とは

 

生活費、貯金とは別で無くなっても生活に困らないお金の事です。

 

僕の場合は節約しつつ生活して、500円玉貯金をしました。そして余ったお金は貯金です。当時は手取り13万円だったので、かなり厳しかったですが約2年半かかって余裕資金の¥349,500貯めました。

これは当時の500円玉貯金です。嬉しくなって写真撮りました。銀行に持って行ったんですがかなり重かったです。

 

 

トレードはノートパソコン1台で十分

 

ネットやテレビで投資家がたくさんの画面で取り引きしていて、かっこよく見えますよね。でも始めたばかりのトレーダーには必要ありません。取り引きスタイルにもよりますが基本はノートパソコン1台あれば十分です。

 

FXトレードはシナリオプレイとも言われています。トレードする前にチャート分析をして、「値動きがここに来てこうなったら買ってみよう」「もしくはこうならなかったら見送りにしよう」みたいな感じでこの後の値動きのシナリオを考え、そのシナリオの通りになるのかならないのかを待ち続けトレードします。なので取引中に忙しいということはありませんのでパソコン1つで十分です。目の前の値動きに翻弄されて忙しいというトレードはやってはいけません。

 

理由はもう1つあって、初心者の人は1つの通貨ペアで1つのやり方で集中してトレードした方がいいです。たくさんの事をやろうとすると全て中途半端になってしまい成長できません。なのでやっぱり画面が1つあればOKです。

 

僕もパソコン1つで取引していて今まで困ったことはないですね。急にパソコンが壊れてトレードが・・・・ということは今までなかったですが、もしもの時はスマホを使えば大丈夫です。

 

 

デモトレードで勉強

 

 

余裕資金を貯めている時に、僕もやりましたが架空のお金を使って、実践と同じようにトレードができるデモトレードというのをやるのもアリです。

 

使いたい証券会社の取引画面の操作の仕方や、注文の仕方など慣れておくのもいいと思います。ただ架空のお金なので、実際にお金のかかっているトレードとは似て非なるものです。

 

デモトレードで勝ったとしても「これはいける!」と思ってはいけません。僕はデモトレードにて1週間で200万円の利益を出して完全に調子に乗ってリアルトレードで60万円の損失です。 

 

 

 

 

 

トレードに限らず準備というのはとても大事です。自信を持って飛び込んでみるのも大事でしょうが、失敗しても大丈夫くらいの準備は必要です。目先のことに囚われず、長期での目線も持ちましょう。トレードで勝てる様になるのは一朝一夕では無理です。多くの経験をしなければいけません。そのためにきちんと準備して臨みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です