トレード記録の付け方、重要性

トレード記録はつけていますでしょうか?

つけている方は頑張って継続を、
つけていない方は必ずつけましょう。

勝てる様になるため、自分のためです。
かなり面倒くさいですし、負けが続くと
嫌になりますが、必ずつけましょう。

きっと良い事となって自分に返ってきます。

 

何の為のトレード記録か?

自己分析の為です。

ある程度記録が溜まってくると自分の欠点がわかってきます。
そこを改善すると理論上は勝てる様になりますよね。
どの通貨、どの時間帯、どの曜日でトレードしているかなど、
自然と偏ってきたりします。

継続は大変ですが続けましょう。
必ず役に立ちます。

 

トレード記録の付け方

エクセルや手書きなど書き込む形式などは
どうでもいいですが、項目は大事です。
あとで自分を知るために必要なことを書きましょう。

私の場合は

・トレード時間(エントリー、エグジット)
・通貨ペア
・取引数量
・損益pips
・エントリー前の分析結果と気持ち、
トレード中の心理状態、エグジットの根拠と反省

こんな感じです。
最後の心理状態は正直に書きましょう。
後で見返して思い出して懐かしむくらいに。

私はノートに手書きです。
最初と最後の心理状態は全然違いますし、
字の書き方も感情を表していて面白いです。
勝っている時は絵も描いたりしています。
恥ずかしくて誰にも見せることができません。

これだけの項目でも私にはかなり得ることがありました。
FXトレード記録を見返して自己分析

継続のコツ

これは私が家計簿をつけている時に気付いたのですが、
ズバリ適当にやることです。良い加減ではなく良い意味で。

キッチリとここはこう書いて、ここはこういう感じになどと
細かくやるとおそらく続きません。
面倒くさくなるからです。

なので「こんな感じでいっか〜」くらいの感じで
楽にやると良いと思います。
ですが要点はしっかりと押さえておかなければいけません。

もう1つ、すぐに記録をつけましょう。
少しでも間が空くと取り掛かりにくくなります。
取り掛かってしまえばこっちの勝ちです。

書いているとものすごい苦行の様な感じですが
大した労力ではありませんよね。
面倒くさいのと負けた時にやる気が起きないだけです。

 

トレードで勝っている人は皆トレード記録をつけていると思います。
勝てている人がつけているのに、負けている人がつけないのは
おかしいですよね。
勝つではなく、勝ち続けることが目標です。
トレードで勝てる様になるために泥臭く必死にやりましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です