AGA治療薬は4つでいい!その理由を解説!薬に悩まない

 

本記事ではAGA治療薬4つについて解説しています。

 

  • フィナステリド(プロペシア)
  • デュタステリド(ザガーロ)
  • ミノキシジル外用薬
  • ミノキシジル内服薬

 

 

ボクのAGA治療の経験上、治療薬はこの4つだけでいいと思ってます。

 

なぜならそれだけで薄毛が治ったからです。

 

 

本記事は体験談を交えつつ、これからAGA治療を始める人に必要な情報を簡潔にお伝えします。

 

これからAGA治療を始める人は、4つのどの治療薬を使うかを考えるといいですよ。

 

 

AGA治療薬について


 ・効果
 ・副作用
 ・価格
 ・評価

 

 

 

コウソツT

ボクはAGA治療歴3年。デュタステリドミノキシジル内服薬を服用しています。

 

AGA治療薬はこの4つでいい

 

 

AGA治療薬はこの4つを知っていればOKです。

 

  • フィナステリド(プロペシア)
  • デュタステリド(ザガーロ)
  • ミノキシジル外用薬
  • ミノキシジル内服薬

 

 

なぜ4つだけでいいか?・・・それで十分だからです。

 

これらは世界中で研究や臨床試験をされていて、AGAに有効だと証明されています。

 

Tukuya

僕はデュタステリドミノキシジル内服薬を服用して薄毛は治りました。

 

 

そのほか『オリジナルAGA治療薬』や『頭皮への注入薬』などありますが、気にしなくていいです。

 

AGA治療では4つのどれを使うかだけ考えましょう。

 

 

日本皮膚科学会について

 

本記事は日本皮膚科学会のガイドラインを引用しています。

 

日本皮膚科学会とは、1900年に創立された皮膚科に関する学会です。

 

この学会でAGAについて作られたガイドラインがあるので引用しています。

 

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)

 

 

フィナステリド(プロペシア)

 

 

フィナステリドの効果は『抜け毛を抑制』

 

抜け毛の抑制率はおよそ6割で、多少の発毛効果もあります。

 

ただし目的は抜け毛の抑制なので、発毛を期待しての使用はしない方がいいです。

 

 

Check!

フィナステリドとプロペシアは同じもの。製薬会社が違うので名前が違うだけ。

 

フィナステリドの副作用

 

フィナステリドの副作用です。

 

・勃起不全
・性欲の減退
・精液量の減少
・肝機能障害

 

 

市販後調査、臨床試験などの結果では、副作用の発症率は5%以下でした。

 

 

フィナステリドの価格

 

クリニックによりますが、1ヶ月分が平均 ¥3,000くらい。

 

AGA治療薬の中では一番安いです。

 

 

日本皮膚科学会のフィナの評価

 

 

問題:フィナステリドは有用か?
推奨度:A
推薦文:フィナステリドの服用を強く勧める
解説:治療効果は高い水準の根拠がある

 

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)

 

 

 

   ⬇︎詳しく

フィナステリド・プロペシアの効果、副作用、注意点を詳しく解説
本記事ではフィナステリドとプロペシアについて下記の内容で詳しく解説しています。 ・効果 ・副作用 ・注意点 ・価格 ・体験談 Tukuya 僕は30代のサラリーマン。 デュタステリドとミノ...

 

デュタステリド(ザガーロ)

 

 

デュタステリドの効果は『抜け毛を抑制』

 

抜け毛の抑制率は約8割で、多少の発毛効果もあります。

 

目的は抜け毛の抑制なので、発毛を期待しての使用はしない方がいいです。

 

 

とクリニックで言われていましたが・・・

 

⬇︎ ボクが1年間デュタのみ服用した結果

かなり増えていますよね。

 

でも実際は頭頂部に多少のスカスカ感が残ったままで、発毛効果は微々たるものでした。

 

 

コウソツT

この状態でもかなり薄毛は改善されていて、頭頂部を真上から見ると「少し薄いかもね」くらいでした。

 

 

Check!

デュタステリドとザガーロは同じもの。製薬会社が違うので名前が違うだけ。

 

デュタステリドの副作用

 

デュタステリドの副作用です。

 

・勃起不全
・性欲の減退
・精液量の減少
・肝機能障害

 

 

市販後調査、臨床試験などの結果では、副作用の発症率は17%以下でした。

 

コウソツT

ボクは3年以上デュタステリドを服用していますが、副作用はありませんでした。

 

デュタステリドの価格

 

クリニックによりますが、1ヶ月分が平均 ¥8,000くらい。

 

フィナより高価ですが、効果も高いので納得です。

 

 

フィナステリドより効き目の範囲が広い

 

AGAの原因には5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の2種類あります。

 

この2つは頭皮にありますが、存在している場所が違います。

 

場所が違うということは薄毛になる場所が違うということです。

 

・Ⅰ型 = 側頭部や後頭部が薄くなる

・Ⅱ型 = 生え際や前頭部、頭頂部が薄くなる

 

 

そしてⅠ型とⅡ型に効果のある薬が違います。

 

・フィナステリド = Ⅱ型に有効

・デュタステリド = Ⅰ型とⅡ型に有効

 

 

つまりフィナよりデュタの方が効き目の範囲が広く、効果も高いです。

 

フィナの効果が出なかった人は、デュタに変えると効果が出る可能性もあります。

 

 

日本皮膚科学会のデュタの評価

 

 

問題:デュタステリドは有用か?
推奨度:A
推薦文:デュタステリドの服用を強く勧める
解説:治療効果は高い水準の根拠がある

 

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)

 

 

   ⬇︎詳しく

デュタステリド・ザガーロの効果、副作用、注意点を詳しく解説
本記事ではデュタステリドとザガーロについて下記の内容で詳しく解説しています。 ・効果 ・副作用 ・注意点 ・価格 ・体験談 Tukuya 僕は30代のサラリーマン。 デュタステリドとミノキ...

 

ミノキシジル外用薬

 

 

ミノキシジル外用薬の効果は『発毛』

 

外用薬は頭皮に塗り発毛を促します。

 

 

外用薬は市販されていますが、クリニックで処方されるものとは違います。

 

クリニックの方がミノキシジルの濃度が高いので、効果も高いです。

 

 

ミノキシジル外用薬の副作用

 

ミノキシジル外用薬の副作用です。

 

・皮膚炎
・頭痛めまい
・動機息切れ

 

 

厚生労働省のデータでは、副作用の発症率は8,8%以下でした。

 

ミノキシジル外用薬の価格

 

クリニックによりますが、1ヶ月分の平均 ¥12,000くらいです。

 

AGA治療薬の中で1番高いです。

 

 

日本皮膚科学会のミノキ外用薬の評価

 

 

問題:ミノキシジル外用薬は有用か?
推奨度:A
推薦文:ミノキシジル外用薬の服用を強く勧める
解説:治療効果は高い水準の根拠がある

 

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)

 

 

   ⬇︎詳しく

ミノキシジル外用薬、内服薬の効果、副作用、注意点を詳しく解説
本記事ではミノキシジルの外用薬と内服薬について下記の内容で詳しく解説しています。 ・効果 ・副作用 ・注意点 ・価格 ・体験談 Tukuya この記事を書いている僕は30代のサラリーマン...

 

ミノキシジル内服薬

 

 

ミノキシジル内服薬の効果は『発毛』

 

内服薬は外用薬より発毛効果は高いです。

 

コウソツT

ボクはミノキシジル5mgを服用しています。

 

ミノキシジル内服薬の副作用

 

ミノキシジル内服薬は臨床試験はされてなく、副作用の報告は少ないです。

 

しかし製薬会社などのデータはあります。

 

ミノキ内服薬の市販後調査(海外)の結果です。

 

・多毛
・胸痛、心拍数増加
・動悸、息切れ、呼吸困難
・うっ血 性心不全
・むくみや体重増加など心血管系障

 

 

循環器系の副作用が報告されていますが、ミノキシジルとの関連はないと結果が出ています。

 

ですが病気の既往がある方は注意が必要で、医師は注意するように厚生労働省から通達されています。通達内容

 

 

コウソツT

ボクはミノキ内服薬を服用して全身の毛が1割ほど濃くなりました。

 

ミノキシジル内服薬の危険性について

ミノキシジル内服薬(タブレット)が危険と言われる理由
AGA治療について調べると『ミノキシジル 危険』など見たことはないですか? それを見るとAGA治療したいと思っている人は、不安になりますよね。 本記事はミノキシジル内服薬に『何が?どのような危険性が?』について解説しています...

 

ミノキシジル内服薬の価格

 

クリニックによりますが、1ヶ月分の平均 ¥11,000前後くらいです。

 

外用薬より価格は少し安くなっています。

 

 

日本皮膚科学会のミノキ内服薬の評価

 

 

問題:ミノキシジル内服薬は有用か?
推奨度:D
推薦文:ミノキシジル内服薬の服用を行わないほうが良い
解説:臨床試験されてなく利益と危険性が十分に検証されていない

 

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)

 

 

 

ミノキ内服薬は注意が必要な治療薬ですが、高い発毛効果を期待されています。

 

日本では製造も販売も禁止ですが、医師の責任で輸入、処方が可能です。

 

医師の診察のもと正しく服用すれば問題ありません。

 

 

   ⬇︎詳しく

ミノキシジル外用薬、内服薬の効果、副作用、注意点を詳しく解説
本記事ではミノキシジルの外用薬と内服薬について下記の内容で詳しく解説しています。 ・効果 ・副作用 ・注意点 ・価格 ・体験談 Tukuya この記事を書いている僕は30代のサラリーマン...

 

ミノキシジルに抜け毛の抑制効果はない

 

ミノキシジルは発毛効果であって、抜け毛を抑制することはできません。

 

 

なのでミノキシジル外用薬と内服薬だけの服用だと『髪は生えるけど抜けていく』という状態で薄毛は治りません。

 

 

ミノキシジルを服用する場合はフィナステリドかデュタステリドのどちらかとの併用が必須です。

 

現在のAGA治療ではフィナやデュタで抜け毛を抑制した上で、ミノキで発毛を促すのが標準的な治療方針。

 

 

余談です

 

市販の発毛剤もミノキシジルですね。

 

これにも抜け毛の抑制の効果はないので、それだけでは無意味です。

 

薄毛を治したいなら、抜け毛を抑制することから始めなければいけません。

 

 

 

 

以上、AGA治療薬について解説しました。

 

 

治療薬についてわかったけど、何を選べば?と疑問が湧いてくると思います。

 

それについても記事を書いているので見てください。

 

コメント