ポジポジ病を克服というより治っていた

 

 

FXでも株でもトレードをしている人たちには
皆共通して、必ずぶつかる壁があります。

そのうちの1つに「ポジポジ病」がありますね。

常にポジションを持っていないと気が済まず
無駄にトレードを繰り返してしまいます。

儲けたいと強く思う気持ちがそうさせるのだと思います。
やる気があって良さそうな感じですが、
ほぼ負けます。

ただなんとなくトレードしているだけですからね。
そこに優位性はありません。冷静ではないのです。

私も経験済みです。
いつの間にかポジポジ病になっていました。

初心者からある程度経験して、相場のことがある程度解ってくると
今までとは違うように見えて簡単に勝てるような気になりました。
そしてなんとなくイケそうだなと思ったらトレードしていました。
機会損失が嫌だったのもあります。

克服しようといろいろ調べましたがなかなか難しいです。

しばらくトレードしないようにしましたが
苦痛で耐えることができず、元通り。

そんな私がどのように克服したかというと
克服したというよりいつの間にか治っていました。

全く勝つことができず負け負けでした。
それまでトレード手法というのが曖昧ということもあり
トレード手法を見直すことにし、
トレード手法を紙に書き明確にし、
条件が揃うまでトレードしないようにしました。

そうすると自然にポジションを持つことが減ってきました。

ということでポジポジ病を治すためには
「トレード手法を明 確にし、それを必ず守り正しいトレードをする」
ということだと思います。

チャンスというのはそんなに多くありません。
焦らず余裕を持つというのが大事です。
早く稼いで自由になりたいという気持ちが大きかったですが
もう少し長い目で見るようにしています。
焦ると負けるというのがわかりましたからね。

狩りをするようにチャンスをじっと待ちましょう。
動物の中には獲物が来るまで何時間もじっと待つ動物もいるそうです。
エサが取れるか取れないか。生きるか死ぬかの問題ですから出来るのでしょう。
難しいですけどそんな感じのイメージでチャンスを待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です