順張り・逆張りを簡単にわかりやすく解説【 FX 】

FX

順張り・逆張りについて初心者の人にもわかるように解説します。

 

順張り・逆張りが理解できれば相場に合ったトレード方法がわかり、やるべき事がハッキリします。

 

トレードで何をすればいいかわからない人、迷っている人、トレード方法が定まっていない人は読んでください。

 

 

 本記事の内容

・順張りとは?
・順張りの押し目、戻り目
・順張りトレードの流れ

・逆張りとは?
・逆張りトレードの流れ

 

相場は【トレンド相場】【レンジ相場】の2つに分かれますが、それぞれ有効なトレード方法が違います。

 

トレンド相場=順張り
  レンジ相場=逆張り

 

上記のように相場に合ったトレードができれば、それだけで勝率は上がります。

 

この記事で相場に合ったトレード方法は何なのか、画像で説明しますのでイメージを掴んでください。

【順張り】【逆張り】の2パターンしかないので簡単です。

 

その前に相場の環境認識ができていない人は→【FX環境認識】トレンド相場とレンジ相場の見分け方【ダウ理論】

 順張りとは?

 

順張りはトレンド相場で有効なトレード方法で、トレンド方向にポジションを持ちトレンドの流れに乗って利益を伸ばすトレードです。

 

トレンドに乗ればエントリーのタイミングが悪くても最終的に利益になりやすく、さらにトレンドが進めば利益は伸びていきます。

なので上昇トレンドでは買い(L)のみ、下降トレンドでは売り(S)のみでトレードします。

 

トレード前に相場の環境認識をしてトレンド相場を確認し、

 

  上昇トレンドであれば「どこで買うか?」
  下降トレンドであれば「どこで売るか?」

 

このように考える事ができるだけで、勝率は上がります。

 

 

Point

順張りは、トレンド相場で有効でトレンド方向にポジションを持つ

 

 順張りの押し目、戻り目とは?

 

トレンドは価格が一方向に進んでいる状態ですが、常に進み続けているわけじゃないです。

 

上昇トレンドの場合、価格の上昇中に一時的に下落して再上昇するように、値動きが上下にジグザグに上昇していきます。

この時の一時的な下落を【押し目】といいます。

 

下降トレンドの場合、価格の下落中に一時的に上昇して再下落するように、値動きが上下にジグザグに下落していきます。

この時の一時的な上昇を【戻り目】といいます。

 

  上昇トレンド=押し目
  下降トレンド=戻り目

 

押し目・戻り目は「調整」「リトレースメント」とも呼ばれます。

 

 押し目買い、戻り目売り

 

トレンド相場の押し目、戻り目はトレードのタイミングのサインになります。

 

トレードの基本は

  上昇トレンドでは安く買って高く売る
  下降トレンドでは高く売って安く買う

 

↑を実践する為には、

  押し目を確認して再上昇の時に買う=押し目買い
  戻り目を確認して再下落の時に売る=戻り目売り

 

 

トレンド相場では【押し目買い・戻り売り】の2パターンを狙っていきます。

やるべき事が決まれば、迷う事もなくなるのでトレードはやりやすくなるはずです。

 

 順張りトレードの流れ

 

①相場環境認識してトレンド相場を確認する

②押し目、戻り目を確認する

③再度トレンド方向に進んだ事を確認し、エントリー 

 

ものすごく簡単にいうと上記の感じになります。イメージだけ掴めればOKです。

 

簡単すぎると感じるかもしれませんが、トレードは簡単でシンプルなほどいいと思います。

複雑や難しい分析をすれば、情報がありすぎて迷う原因になってうまくいかない事が多くなるんですね。

 

具体的に

 

 

 逆張りとは?

 

逆張りとはレンジ相場で有効なトレード方法で、価格が上昇してレンジ上限に到達で売り(S)、下落してレンジ下限に到達で買う(L)という相場の流れに逆うトレード方法になります。

 

具体的なやり方は

レンジの上限(レジスタンスライン)から売り(S)
レンジの下限(サポートライン)から買い(L)

単純にレンジ相場のレジスタンスライン、サポートラインに到達だけでエントリするわけではありませんが、イメージはそんな感じだと思ってください。

 

逆張りは、流れに逆うので勝率は低くなりますが、勝った時の利益は大きくハイリスクハイリターンです。

逆張りは難易度が高そうに思うかもしれませんが、正しくやれば意外と難しくないです。かといって簡単でもありません。

 

 

Point

逆張りは、レンジ相場で有効でレンジの上限で売り(S)、下限で買い(L)が基本戦略

 

 逆張りトレードの流れ

 

①環境認識でレンジ相場を確認する

②レンジの上限、下限に値動きが到達するまで待つ

③レジスタンスライン、サポートラインで価格が止められ、反発を確認してエントリー

 

逆張りトレードの流れもイメージだけ掴んでくれればOKです。

 

相場の7割りはレンジ相場と言われてるので、トレードチャンスを増やす為にも逆張りをマスターしたいですね。

 

レンジ相場の認識は→【FX環境認識】トレンド相場とレンジ相場の見分け方【ダウ理論】

具体的な

 まとめ

 

以上、順張りと逆張りにできるだけ簡単に、稼ぐ為に必要な部分のみ解説しました。

順張り、逆張りを知ることによって、環境認識をした後にどのようなトレード戦略を立てればいいのかがわかったと思います。

 

本記事ではイメージを掴んでもらい、次は順張りと逆張りの具体的なトレード方法についてです。

 

 まとめ

・トレンド相場では順張りが有効

・順張りはトレンド方向にポジションを持つ

・押し目、戻り目はトレードのタイミングのサイン

・レンジ相場では逆張りが有効

・逆張りはレンジ上限から売り(S)下限から(L)が基本戦略

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました