順張りとは?押し目買い、戻り目売り

FX

順張りについて解説します。

 

この記事でわかること
・トレンド相場でやるべきこと
・トレードのタイミング

 

順張りのことがわかれば、トレンド相場で何をすれば良いのかが明確になります。

やるべきことが明確になれば、トレードも安定するはずです。

 

 本記事の内容

・順張りとは?
・押し目、戻り目とは?
・押し目買い、戻り目売りのタイミング

・トレンドの強弱

 

 

 

上記のように相場に合ったトレードができれば、それだけで勝率は上がります。

 

 順張りとは?

 

順張りとはトレンド相場で有効なトレード方法で、トレンド方向にポジションを持ちトレンドの流れに乗るトレードです。

 

トレンド相場とは一方向に値動きが進んでいる状態なので、トレンドに乗ればエントリーのタイミングが悪くても最終的に利益になりやすく、さらにトレンドが進めば利益は伸びていきます。

 

Point

  上昇トレンドでは買い (L) のみ
  下降トレンドでは売り (S) のみ

 

 

トレード前に相場の環境認識をしてトレンド相場を確認し、

 

  上昇トレンドであれば「どこで買うか?」
  下降トレンドであれば「どこで売るか?」

 

このように考える事ができるだけで、勝率は上がります。

 

 

 押し目、戻り目とは?

 

トレンド相場は一方向に値動きが進んでいる状態ですが、ずっと進み続けているわけじゃないです。

 

上昇トレンドの場合、値動きの上昇中に一時的に下落して再上昇するように、値動きが上下にジグザグに上昇していきます。

この時の一時的な下落を【押し目】といいます。

 

下降トレンドの場合、値動きの下落中に一時的に上昇して再下落するように、値動きが上下にジグザグに下落していきます。

この時の一時的な上昇を【戻り目】といいます。

 

押し目・戻り目は「調整」「リトレースメント」とも呼ばれます。

 

 押し目買い、戻り目売りのタイミング

 

トレンド相場の押し目、戻り目はトレードのタイミングのサインになります。

 

トレードの基本は

  上昇トレンドでは安く買って高く売る
  下降トレンドでは高く売って安く買う

 

↑を実践する為には、

  押し目を確認して再上昇の時に買う=押し目買い
  戻り目を確認して再下落の時に売る=戻り目売り

 

トレンド相場では【押し目買い・戻り売り】の2パターンを狙っていきます。

やるべき事が決まれば、迷う事もなくなるのでトレードはやりやすくなるはずです。

 

 押し目、戻り目を想定する

 

トレードのタイミングは押し目、戻り目を確認して再度トレンド方向に進み始めた時です。

そのトレードのタイミングの取り方が難しいんですね。

 

ですがMAと抵抗線を使えばトレードチャンスを想定することができます。

 

■MAで押し目買い、戻り目売り

押し目で右肩上がりのMAに値動きが当たって反発したところが押し目買いのタイミングです。下降トレンドは単純に逆です。

画像のようにトレンド相場ではMAが壁となり値動きを弾いてくれますが絶対に弾かれるわけではないです。

どのMAで弾かれるかわかりませんし、画像1枚目の青ののように何もないところで上昇することもあります。

 

具体的なトレードはここでは解説しませんが、トレンド相場でのトレードはこんな感じだとイメージを持ってください。

 

■抵抗線で押し目買い、戻り売り

押し目買い、戻り目売りはMAと同じように、抵抗線でも反発するかもと想定します。

ここでの大事なのは、目立つ高値安値から引ける強い抵抗線でないといけないということです。

 

MAと抵抗線が重なったポイントは反発する可能性が高くチャンスなので、よく見るようにしましょう。

 

 

  トレンド相場ではMAと抵抗線で押し目と戻り目が反発の目安になる

トレンド相場で値動きがMAと抵抗線に近づいてきたら、トレードチャンスです。

 

 まとめ

 

 この記事でわかったこと
・トレンド相場でやるべきこと
 ↪︎順張りトレード

・トレードのタイミング
 ↪︎押し目、戻り目が反発しそうなポイント

 

順張りの押し目買い、戻り売りは基本中の基本のトレード方法です。

具体的なやり方は人それぞれですが、多くのトレーダーはトレンド相場では押し目買い、戻り売りを狙ってトレードしています。

 

本記事では具体的なトレード方法は解説していませんが、押し目買い、戻り売りについてしっかり理解しておきましょう。

解説が短かく文字数が少ないかもしれませんが、僕は稼ぐために必要なことだけ書きましたのでこの程度かなと思います。

コメント