グランビルの法則 FXテクニカル

相場では「グランビルの法則」というのがありまして
これはアメリカの投資家ジョゼフ・E・グランビルが1960年代に
考案したトレード手法です。

ダウ理論と同様に古いものですが、現在の相場でも機能しており、
多くのトレーダーに使われています。

グランビルの法則とはどういうものかというと
チャートに移動平均線を表示させ値動きと移動平均線との
動きを見て売買します。
売買ポイントは8つあり、買い4つ売り4つです。

こんな感じです。毎度毎度、手書きで申し訳ございません。
買いと売りで8つありますね。

私はこの中でも買い②、売り③しかトレードしません。
なぜならそのポイントが勝ちやすいと思っているからです。
ダウ理論で言う追随期です。
上昇(下降)トレンドが確認できて、最初の押し目買い(買い②)、
戻り売り(売り③)です。


押し目買い(買い②)

価格は上昇(高値安値切り上げ)していて移動平均線も右肩上がりで、
価格が落ちてきて再度上がり始めたところで買います。

戻り売り(売り③)
価格は下落(高値安値切り下げ)していて移動平均線も右肩下がりで、
価格が上昇してきて再度下げ始めたところで売ります。

その他は?
買い①や売り①売り②でトレードすると買った時の利益は大きいですが
勝率が低くリスクが高いです。自分としてはトレードするには
少し早いポイントかなと思います。

買い③売り④でトレードすると少し遅いかなと思います。
ある程度、価格が伸びてしまうと相場は反転しやすくなります。
そう言う事を警戒してか、取れる利益は小さいです。

買い④では相場の方向が下に向かっている最中ですので
買うことはしません。勝率は低いです。

以上、コウソツTはこんな感じでグランビルの法則を使っています。

トレードのやり方は人それぞれであり、使うもの、見るもの、資金量、
トレードスパンなど全て違います。
買いで利益を出している人がいるところで、売りで利益を出している人もいます。

トレード初心者さんは自分にあったトレードスタイルを見つけその方法で
うまくいっている人の真似をしたほうがいいでしょう。

そしてそれを使いこなし、うまく微調整して自分のものにするのが
勝つための最短コースだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です