エントリー、エグジットのタイミング FXテクニカル

FXトレードの勉強をして実践していき、ある程度わかってくると
次に多くの人が悩むであろう問題、エントリーのタイミングでは
ないでしょうか。
悩みは尽きませんね。

私も悩みました。
いいエントリータイミングを狙って、パソコンの前で張り付いて
ずっとチャートを見ていました。
そして早かったり、遅かったり、見逃したりでダメダメでした。

ネットや本で調べてもはっきりしたことは書かれれいませんでした。
エントリータイミングについては、結構な時間悩んだと思います。

 

エントリーのタイミング

エントリーのタイミングに正解はないと思っています。
終わって見ればベストなタイミングがわかるのでしょうが、
先のことがわかる人はいませんよね。
どうなるかわからないけど、こっちに行く可能性が高いだろうと
いうことにお金をかけ、リスクを取っています。

 

完璧を求めてはいけません。
神経質になりすぎるとエントリー出来なくなります。
実際にトレードする際は、しっかり分析した上である程度適当に
「買っちゃえ」「売っちゃえ」くらいの気持ちが私には丁度良かったです。

例えば戻り売りを狙っていたのであれば、一度戻ってきて下がり始めて
売りエントリーです。大事なのは下がり始めたのを確認することです。

「頭と尻尾はくれてやれ」と良く言いますが、これは大事です。
値動きの最初と最後までをきっちり取ろうとすると勝率が下がります。
値動きの方向が決まったのを確認してポジションを持ち、値動きが反転する前に
ポジションを手放しましょう。値動きの間を「抜き取る」イメージで私はやっています。

例えばですが・・・・・

ピンクの水平ラインをブレイクし一旦上昇が止まり押し目買い(再上昇)を
狙います。再度上昇した緑四角の矢印が確定してエントリーします。

利益確定は過去の目立つ高値安値のラインです。
そのラインにタッチしてエグジット(利益確定)します。

こんな感じです。単純ですね。でもそこがいいんです。

 

エグジットのタイミング

エントリータイミングよりも難しいとされているエグジット。

利益が出ているのでまだまだ利益を伸ばしたいと思ったり、
これ以上利益を減らしたく無いと思い早くエグジットしたいと思ったり・・・
利益が出ていると心が乱れますよね。

エグジットポイントはトレード前に決めておきましょう。

私の場合は直近の目立つ高値安値にエグジットポイントを
設定しています。

ただし、ただ近くの目立つ高値安値ではなく、損切り幅との比率、
その時の相場の勢いなども考慮して決めています。
そしてルール通りにエグジットしましょう。

平均すると20pips〜30pipsくらいでエグジットすることが多いです。
それ以上だとポジション保有時間が長くなり精神的に辛いです。

 

 

 

大事なこと

・エントリーのタイミングに完璧を求めない
思い切って飛び込んでみるのも良し
・頭と尻尾はくれてやれ
・エグジットは事前に決めておく

 

 

以上です。

エントリーのタイミング、エグジット、なかなか上手くいかないと思います。
そろそろエントリー出来そうだと思ってパソコンに張り付いて
待っていると大きく動いてそのままエントリーのポイントまで
来なかったりします。

そこで気をつけたいのが焦って飛び乗りエントリーしないことです。
焦ってエントリーした場合はロクな結果になりません。
想定外のことが起きても冷静に落ち着いて対応しましょう。

エグジットでもそろそろエグジットポイントに到達しそうだと
思っても手前で反転することがあります。
さらにそこから損失になったりもします。
悔しいですが諦めて受け入れ次のトレードまで引きずらずに
切り替えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です